喉から感染する性病

喉から感染する性病の種類を紹介するサイトです。 - 梅毒の怖さ

検索

Author

  • 名前:だいすけ
  • 性別:男
  • 年齢:35歳

こんにちは。 私はだいすけと申します。 35才未婚で、官公庁で事務職の仕事をしています。 趣味は映画鑑賞と読書で、性格は人見知りです。友人からは、見た目はモテそうなのに、意外だねといわれます。

アーカイブ

カテゴリー

梅毒の怖さ

梅毒は感染後、3週間ほどで症状が出てきます。
まず、性器、肛門、手指、口唇に硬いしこりがブツブツと出てきます。太もものリンパ節も大きく腫れ、痛みを伴うことがあります。
しかし、これらの症状は数週間経つと消えてしまうため、この時点で感染に気付かずに放置してしまう人は多いようです。
その後、数ヶ月が経過すると、菌は血流にのって全身に流れ、皮膚や粘膜に赤いえんどう豆ほどの発疹が出現します。
この時、脱毛をきたす人もいるのですが、この発疹や脱毛症状も数ヶ月経つと消えてしまい、しばらくは無症状になります。
さらに数年経つと、発疹よりは大きく、硬いゴムのようなしこりが現れてきます。
そして、末期になると、神経系、心臓などにまで菌が浸食し、重い障害を引き起こしたり、死にいたることがあります。
おそろしい病気ですが、早期に症状に気づいて適切に治療をおこなえば完治できる病気です。
少しでもいつもと違う症状があらわれた時は検査だけでもしておいたほうがいいかもしれません。
病院で検査することが恥ずかしいという人には性病検査キットも販売されていますので利用してみてはいかがでしょうか。