一番多い性病

日本で感染者数が一番多い性病は、性器クラミジア感染症と言われています。
性病になったことがない人でもクラミジアという病名を一度は聞いたことがあると思います。
20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人がクラミジアに感染しているとの報告があるようです。
特に女性はクラミジアに感染しても自覚症状が出にくいために、知らない間に感染していたり、知らない間に感染させてしまうことが多くなります。
一般に女性の80%、男性の50%に症状が出ないといわれています。クラミジアと同様に淋菌感染症も増加傾向にあるようです。
また、最近はフェラチオなどのオーラルセックスで、性器からのどへの感染と、のどから性器への感染が増えているようです。
特に気をつけてもらいたいのが男性です。男性の場合ですと風俗店に行く人もいると思います。その際、のどからの性病を貰う人が増えてきているようです。コンドームをしていれば安全とはいかなくなってきたのかもしれませんね。
専門の病院に行けばクラミジアに感染しているか調べる事はできます。感染していて治療が必要な場合、今では抗生物質を通販で購入することもできるようです。クラミジア以外の性病も感染しているか調べられる検査キットがありますので、性病検査は症状がなくても定期的に必要かもしれませんね。

2013年1月22日

このページの先頭へ